久しぶりの患者さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

先日、久しぶりの患者さんが立て続けに来院されました。

4年ぶり、2年ぶりの患者さん。

覚えていただきありがとうございます。

たまに、

あの人どうしてるかな~

元気してるかな~

と思いながらカルテを見ていると来院されることがあります。

不思議です。

ふと、

ある人の顔が浮かぶと、その人から予約の電話がかかってきます。

不思議です。

お互い同じようなことを思っているのかもしれませんね。

4年ほど来院がない方でも、人伝で「あの人、元気にしてるよ」と聞くとうれしくなります。

これが地域医療でしょう。

島だからできる医療です。

患者Aさん「先生、何もしていないのに腰が痛いんです。」

「本当に何もしていないんですか?」

患者Aさん「はい。」

数日後…

患者Bさん「Aさん、畑を耕してたよ。」

「やっぱりね。」

これも島医療です。

人伝で情報が入ります。

Aさんは自分でもわかっています。

腰の痛みが取れないのは畑仕事をしているせいだと。

それを正直に言うと怒られると思っているのかもしれません。

「Aさん、畑仕事はほどほどにね。」

これで終わりです。

島医療は、その人の生活環境がわかるので、治療のヒントになります。

問診ではわからないことがよくわかります。

The following two tabs change content below.
中石 真人
昭和59年生まれ。広島県大崎上島町出身。高陽東野球部時代のケガをきっかけに鍼灸師の道へ。大崎上島町と八丁堀で鍼灸院を開院。大のカープファンであり、大のミスチル好きである。このブログでは、日々の出来事、カープ、グルメ、観光などを中心に投稿している。
中石 真人

最新記事 by 中石 真人 (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プロの専門家による無料相談実施中!

もし、あなたやあなたの大切な方が、

・痛みやシビレで困っている

・症状の解決策が見当たらない

など、身体のことでお悩みでしたら、まずは無料相談にお申込みください。

少しでも解決の糸口になれれば幸いです。

無料相談・お問い合わせ

SNSでもご購読できます。